[連続セミナー]近世の日本と中国

2/1(木)、2/8(木)、2/15(木)、2/22(木)各18:00 – 19:30、京都大学人文科学研究所セミナー室1にて、人文研アカデミー連続セミナー「近世の日本と中国」が開催されます。講師:岩井茂樹。聴講無料・予約不要。詳しくはこちらをご覧くださいませ。 日本にとって中国は海の向こうとはいえ、数日の旅程で到達できる超大国でした。列島が弥生文化を育み、国の形すらはっきりしない時代に、中国では文明の発展がいちじるしく、巨大な帝国をうみだしていました。倭人や倭国について記録をのこしたのは、中国の歴史書でした。「倭の五王」、遣隋使や遣唐使の時 […]

続きを読む


第13回TOKYO漢籍SEMINAR「中国近代の巨人とその著作―曾国藩、蔣介石、毛沢東」

広い版図と多くの人口、そして多様な社会や民族を治めるため、古来中国の政治指導者には、複雑な課題に対処するマルチな能力が求められてきました。清朝、民国、人民共和国の三つの時代、激動の中にあって中国を大きく動かした三人の政治家――曾国藩、蔣介石、毛沢東――はそれぞれ湘軍、国民革命軍、人民解放軍を率い、時代を切り開いた近代史上の巨人ですが、彼らも軍事指揮にとどまらない多くの能力を求められていました。 今回のセミナーでは、人文科学研究所の現代中国研究センターに所属する三人の専門家が、曾国藩、蔣介石、毛沢東の著作をひもとき、それぞれの専門知識をもとに、かれらの素顔 […]

続きを読む


人文研アカデミー2017

■連続セミナー 「2017年の論点―沖縄、子どもの貧困、地方消滅、南スーダン」 講師:森宣雄/阿部彩/小田切徳美/栗本英世 日時:4月27日(木)、5月19日(金)、6月10日(土)、6月30日(金) 18:30~20:00、6/10(土)のみ15:30~17:00 場所:人文研本館 大会議室 ■レクチャーコンサート 「すごいジャズには理由(ワケ)がある Part3」 講師:フィリップ・ストレンジ/齋藤洋平/荒玉哲郎/岡田暁生 日時:5月13日(土)14:00~(入場13:30) 場所:京都府立府民ホールアルティ 入場料:一般4,000円(前売3.500 […]

続きを読む


人文研アカデミーの10年

人文研アカデミーは、正式発足したのが2006年4月なので、今年で10周年を迎える。早いような遅いような、印象はさまざまだろうが、ひとつの節目であるにはちがいない。ここらで少し過去を振り返ってみてもいいかもしれない。 「正式発足」とことさら言うのは、レクチャー・コンサートなどのイベント開催や全学共通科目への授業提供はその2年前から行っていたからである。今回、過去の資料を漁ってみたら、すでに2003年7月の「中期計画・参考資料」に言及があった。そこには「「人文研アカデミー」(仮称)を開設する」とあって、「本研究所は、研究成果の公開、社会還元の要請に応える活動 […]

続きを読む


[連続セミナー@東京]人種神話を解体する―科学と社会の知

11/10(金)、11/24(金)、12/8(金)、12/22(金)各18:00 – 20:30、京都大学東京オフィス(新丸の内ビルディング10階京都アカデミアフォーラムin丸の内大会議室)にて、人文研アカデミー連続セミナー@東京「人種神話を解体する―科学と社会の知」が開催されます。講師:坂野徹・関口寛/太田博樹・瀬口典子/石井美保・日下渉/太田博樹・篠田健一・田辺明生・徳永勝士・坂野徹・竹沢泰子。聴講無料・予約不要。詳しくはこちらをご覧くださいませ。 11/10(金)「第一回 人種研究と日本の人文科学」 坂野徹(日本大学経済学部教授) 「日 […]

続きを読む


[連続レクチャー上映会]ロシア革命百周年記念映画祭―映像に刻まれたロシア革命―

11月23日(木)~26日(日)、京都文化博物館にて、人文研アカデミー連続レクチャー上映会「ロシア革命百周年記念映画祭―映像に刻まれたロシア革命―」が開催されます。入場料:一般500円、大学生400円、高校生以下無料(各回入替制)。詳しくはこちらをご覧くださいませ。 ●11月23日(木・祝) 13:30-『母』Мать (1926年ソ連/監督:フセヴォロド・プドフキン/モノクロ/サイレント/90分/35mm/アテネ・フランセ文化センター蔵) 飲んだくれの夫は死に、革命運動家の息子は逮捕・投獄される。「母」は息子の釈放を求めて運動家たちと行動を共にしながら […]

続きを読む